睡眠に関する情報サイト

睡眠にお悩みのあなたへ、 快眠を求めるあなたへ

自分にとって適切な睡眠時間とは?

自分にとって適切な睡眠時間とは?

ストレス社会といわれている現代では、慢性的にストレスに悩まされている人が多くいます。しかし、ストレスを溜めすぎると日々の生活に悪影響が出てしまいかねません。完全にストレスをゼロにすることは不可能ですが、上手にストレスを解消する工夫は必要だといえます。
そして、ストレスを解消するにあたって重要なのが睡眠です。ストレスと睡眠には深い関係があり、十分な睡眠を取ることではじめてしっかりとストレスを解消できます。ここでは、ストレス解消のために必要な睡眠時間についてまとめました。

ストレス解消の基本は睡眠

巷ではストレス解消のためのいろいろな方法が紹介されており、代表的なものとしては「湯船に浸かってリラックスする」「泣ける映画やドラマを観る」「ストレスの原因を紙に書き出す」などがあります。これらはどれもストレスを解消するために有効な方法であり、実際にこれらの方法でストレスをコントロールしている人はたくさんいます。

しかし、ストレス解消のために一番大切なのは「脳を休ませる」ということです。脳が疲れている状態だと、どのようなストレス解消方法を試しても十分に効果を得られません。そのため、睡眠はストレス解消の基本中の基本だといえるでしょう。

最適な睡眠時間

睡眠の問題に頭を悩まされている日本人は非常に多く、5人に2人は何かしらの睡眠の問題を抱えているといわれています。もしこのことが原因でストレス過多になっているのであれば、しっかりと睡眠時間を確保するように心掛ける必要があります。

とはいえ、睡眠時間は長ければ長いほど良いというものではありません。海外の研究では、睡眠時間が短すぎても長すぎても肥満率や死亡率が高まるという結果が報告されています。そのため、自分にとって適切な長さの睡眠を取ることが大切だといえます。

従来は、理想的な睡眠時間は1日8時間だといわれていました。しかし、現在では最適な睡眠時間には個人差があるということがわかっています。効率的なストレス解消のためには、自分に合った睡眠時間を知る必要があるといえるでしょう。

年齢

理想の睡眠時間を左右する要素の1つが、年齢です。一般的に年齢が若いうちはより長い睡眠時間を必要とし、大人になるにつれて睡眠時間が短くなります。睡眠時間に関する312の文献をもとに算出された年齢ごとの推奨睡眠時間は、0~3カ月で14~17時間、4カ月~11カ月で12~15時間、1~2歳で11~14時間、3~5歳で10~13時間、6~13歳で9~11時間、14~17歳で8~10時間、18~64歳で7~9時間、65歳以上で7~8時間となっています。

生活スタイル

生活スタイルによっても理想の睡眠時間は変わってきます。日中の運動量が多い人はそれだけ長い睡眠時間を必要とし、常に身体を駆使しているトップアスリートは1日に11時間の睡眠が必要だといわれています。また肉体的負荷がそれほど大きくなくても、ストレス過多や体調不良が原因で長い睡眠時間が必要になることもあります。

個人差

適切な睡眠時間には、生まれつきの個人差があります。例えば、「ショートスリーパー」と呼ばれる人は5~6時間の睡眠でも生活に支障が出ません。それに対し、「ロングスリーパー」と呼ばれる人の場合は9時間以上の睡眠時間が必要で、睡眠時間が短くなると朝起きられない、日中に眠くなるなどの症状が出るようになります。

自分に合った睡眠時間とは

適切な睡眠時間は人によって異なりますが、現在の自分に必要なおおよその睡眠時間を割り出すことはできます。まずは1週間、目覚まし時計をかけず寝て自然に目覚める生活を続けるようにしましょう。そして、毎日の就寝時間と起床時間、睡眠時間を記録に残しておきます。このとき、1週間の総睡眠時間を7で割った値が適切な睡眠時間であるといわれています。

この方法で自分に適切な睡眠時間が分かったら、起きる時間から逆算して寝る時間を設定しましょう。そうすることで毎日十分な睡眠時間が確保できるようになり、ストレスが溜まりにくくなります。

睡眠の質の重要性について

睡眠の長さが大切なのはもちろんですが、睡眠の質も同じくらい大切です。自分に合った睡眠時間を確保してもいまいち疲れが取れないのであれば、それは睡眠の質に問題があるのかもしれません。睡眠の質を向上させるためには、ぬるめのお風呂への入浴やリラックス効果のあるアロマ、ストレッチなどの軽い運動が効果的。また、パソコンなどの電子機器から発せられるブルーライトには眠気を誘う「メラトニン」というホルモンの分泌を抑える作用があります。パソコンやスマホを使うのは、できれば就寝2時間前までにしてください。

睡眠の質の向上とストレス緩和に「ピースナイト」

十分寝たつもりなのに疲れが取れない、常にストレスが溜まっているなどの悩みを抱えているのであれば、睡眠サプリの「ピースナイト」がおすすめです。ピースナイトは消費者庁の届け出された「機能性表示食品」で、眠りの質を高めるテアニンとストレスを緩和するGABAが配合されています。口コミをみると、「よく眠れるようになった」「ストレス解消できるようになった」などの声がたくさん。睡眠やストレスについて問題を抱えているという人は、ぜひ試してみてください。

 

【参照サイト】

“ストレス解消の基本-睡眠”. ティーペック株式会社
http://www.t-pec.co.jp/health-news/2016/02.html

“自分にとって必要な睡眠時間とは”. お布団工房株式会社
http://www.e-futon-kobo.com/normalpost/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/#i-5

“眠れていますか? 各年齢別のベストな「睡眠時間」がありました”. HUFFPOST

https://www.huffingtonpost.jp/2015/07/11/how-much-sleep-durations-changes_n_7777808.html

“何時間寝るのが正しい?自分にあった睡眠時間の見分け方”. 株式会社サプリ
https://www.eigyousapuri.jp/healthcare/sleeping/20180309_535

oka ryuji